2016年08月24日

大怪我です。

こんにちは…
朝からテンション低くお知らせします。

昨日サロンのお手伝いを終えて、夕方帰ると丁度お庭でオシッコに出してもらっていたうずらちゃん。いつもと同じようにお家に入ってさぁ、夜ご飯!!となったうずらの首元がなんか赤い!!
血だ!!でも流れるほど出てないし、母親言わくうずらだけオシッコしたそうやったから出していたので、庭に一緒に出ていた父親もうずらが吠えたりキャン!!も聞いていない。
と、なんとも不思議な。どこかに引っ掻けたのか?
DSC_0982.JPG


とりあえず、毛を剃って消毒をしょうと、毛を剃って発見…(-_-;)思っていた以上に範囲が広い。
変に触らず獣医さんへ!

血がほぼ出ていなかったので、どれだけのケガが家でわからなかったが、なんと!!首から咽、前胸辺りまでざっくり切れています。
あまりにもグロいのでモザイクかけましたが、苦手な方は見ないように!!
20160824_121212.jpg

しかも…皮が身とはなれているようで、獣医さんがぺろ〜んと捲るから恐ろしい…。それでも、うずらは吠えず泣かず、嫌がらず…。犬は一瞬の痛みしかないとは言うけれど…うずらスゴすぎ。獣医さんもケガ口を見て原因わからず、ラスニアやられたとしたら、皮だけとれるようのこんな傷ではすまないし、あひるやかもめさんにやられたても同じで、犬に噛まれれとまず穴があきますよね!!それもなし…。
どっかに引っ掻けて無理矢理動いた?
だとすれば、次もあるかもなので、今朝から庭を捜索。でも手がかりとなる血の後もなく…。

とりあえず、うずらは昨日、本犬は痛がってもなく血もそんなに出てないので自然治癒で気長にいくか、麻酔をかけて縫い合わせるかの選択に…。うずらはプードルの規定より小さし、年もとってきたし、もう何年と前やけどうちにくる前に麻酔を何度かしているからなぁ。と悩みましたが、
まぁ、獣医さんへ来た時点で縫って貰う覚悟で来ていたので。
麻酔かけました。

DSC_0984.JPG
なん針かはわかりませんが、たくさん縫ってもらいました。

とにかく、我が家にはない大怪我でした。
うずらは今もいつも通りご飯食べて、動いています(*^^*)
さすが犬!!ケガや手術には強いね♪

 
【日記の最新記事】
ニックネーム WAN-フレンズ at 12:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。